Cleveland Cavaliers : There's always this year

In the immediate aftermath of the Warriors' 105-97 win to clinch the Finals, James made multiple statements that could easily be interpreted as signals he has no intention to leave as a free agent. One of statements is below….
"I think we put ourselves back where this franchise needs to be, being a contender. But we've still got a lot of work to do."  text from Cleveland.com

2015 NBA FinalsでClevelandは敗れたが、Nikeの”LeBron”ブランド売上高は去年7月から今年6月まで2桁の伸びになった。Nikeにとって今年のFinalsは十二分に満足できる成果になった。プロリーグやプレイヤーとしグナチャー契約しているブランドメーカーにとって、ゲームは勝つか負けるかだけではない。人々が感動できるかどうかも重要なファクターになってきた。Nikeの"LeBron"ブランドキャンペーンは、シューズモデルの広告では無かった。Cleveland市民とJamesの絆をアピールすることだった。現代社会でバスケットシューズを売ることは、市議会や連邦議員の選挙運動と何ら変わらない活動になったのである。

0 件のコメント: