Sepp Blatter Decides to Resign as FIFA President in About-Face

Sepp Blatter, who led world soccer’s governing body for 17 years and who was regarded as one of the most powerful people in global sports, said Tuesday that he would resign his position. He made his announcement in Zurich as law enforcement officials in the United States confirmed that he was a focus of a federal corruption investigation.

New York Times, June 2,2015
6月2日午後7時、チューリッヒFIFA本部でSepp Blatterは辞意を表明した。日本ではFIFAの不正疑惑でBlatter辞任という単純な筋書きになっているが、ことはそう簡単ではない。Andrew Jennings(UK)によれば米司法省やFBIの内定はすでに2009年に始まっていた。Sepp Blatterもそれを知らなかったはずはない。しかしLoretta Lynch(米司法長官)の劇的な捜査シーケンスに、Blatterは対抗できなかった。世界のサッカー組織とビジネスが変化せざるを得ない時がやってきた。Blatter時代の終わりは世界のサッカーマーケティングに大きな影響を与える。

0 件のコメント: